前へ
次へ

手頃だから中古一戸建て住宅を買う

一戸建て住宅イコール、新築でなければならないワケではありません。
分譲マンションであれ、後々は修繕して飽きない工夫を随所随所施します。
新築であれ、中古であれ、100年住み続けるリノベーションやリフォームを施します。
中古の一戸建てだって、メンテナンス次第で「憧れのマイホーム取得」になり得るのです。
不整形地、敷地延長、築古物件などは、手始めの一軒目として検討してもよいのではないでしょうか。
新築より安いのがウリですし、投資家であれば、金額によりますが10年程度で返済できる安い物件を、住宅ローンを利用して購入、さっさと完済して次々に買い替えています。
一般的に35年で一軒の物件を保有する人が多い中、10年ペースならば同じ35年で3軒もの一戸建て住宅を手にすることになります。
ローンだって返済済みだからすぐに売却ができ、現金化できます。
賃貸に出せば、家賃収入を得ることだってできます。
完済すれば、その不動産は資産です。

Page Top